チラシ裏のブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治用

情報規制に関する認知度

とあるメールマガジンからの一部コピペ。




例えば、あんたはイラク戦争について、どこまでの認識がある?

おそらく日本人の大半は、次のような構成だ。

【あまりニュースに関心が無い人】
・911を起こすような極悪の中東テロに立ち向かう正義のアメリカと、それを野党に邪魔されながらも必死に支援する聖者、自民党。


【新聞を読む程度にニュースをかじる人】
・石油欲しさに中東を攻めたかったアメリカが、都合よくおきた911を利用して戦争を始めた。イラクも悪いし、どちらがどちらとも言えないが、日本も石油の恩恵を受けているし、日米同盟があるからアメリカに協力せざるを得ないのだろう。


【新聞に加えて自分で調べる人】
・911は明らかにアメリカが自ら起こした可能性が高いもので、大量破壊兵器が無いことも、日本政府は知らされていたことがわかっている。にも関わらず日本政府は謝罪をまだしていないし、国民を騙して給油を行おうとしている。


これに加えて、アメリカ軍のイラクでの残虐さや、日本軍が駆けつけ警護の使命を追っていたことまでわかれば大したものだ。



ところが、真実はもっと深い。



「日米がおこしたイラク戦争は国連規約に反するものである」
という決議が国連でなされている。


こういうニュースが日本の一般国民に届くかい?答えは否だろう。

こんな大事なこと、それも日本がダイレクトに関わっていることなのに、日本人には知らされないんだ。

こんな決議が国連でされているってことは、世界が今、日米をどう見ているかが一目瞭然だろう?『イラク戦争以降、世界から白い目で見られている』これは誇張でも何でもなく、真実なんだ。

何故こんなことをするのか。
いちいち言うのも馬鹿らしいが、答えは簡単。情報規制があるからさ。
スポンサーサイト

©ねこ_2017.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。