チラシ裏のブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記用

起承転結は目で殺す

起承転結
ウィキペディアからコピペ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%E6%89%BF%E8%BB%A2%E7%B5%90

起承転結(きしょうてんけつ)とは、物事の展開や構成を表す言葉で、元々は4行から成る漢詩の絶句の構成のこと。起承転合とも言う。

一行目から順に起句、承句、転句、結句と呼ぶ。元の意味から転じて、小説や漫画など物語のストーリーや論理的な文章などを大きく4つに分けた時の構成、または各部の呼称としても使われる。起承転結の典型的な例として4コマ漫画の構成などがある。

物語における起承転結の一例

物語の導入部。その物語にはどんな登場人物がいるか、どんな世界・時代に住んでいるのか、登場人物同士の関係はどんなものか、なぜその物語は始まるのかなど、これから物語を読む上で必要な知識を紹介する部分。


物語の導入である「起」から、物語の核となる「転」へつなぐ役目を果たす部分。ここは単純に「起」で紹介した物語を少し進めるだけで、あまり大きな展開はないのが普通。


物語の核となる部分。「ヤマ」ともいわれる、物語の中で最も盛り上がりを見せる部分。物語の中でも最も大きな転機を見せる部分。


「オチ」とも呼ばれる部分で、物語が進んだ結果、最終的にどうなったのかを描いて物語を締めくくる部分。
起承転結の例として、頼山陽の以下の俗謡がよく挙げられる(出典により多少の相違がある)。

起 : 京の五条の糸屋の娘
承 : 姉は十六妹十四
転 : 諸国大名は弓矢で殺す
結 : 糸屋の娘は目で殺す

【 起承転結は目で殺す・メモ 】

近頃、携帯小説みたいなのを読んでる。

感想としては、「これで入賞できるの?」って感じで面白い。

あと、何処かの宗教団体の作品かと思うほど逝っちゃってる作品まであるから、下手に本屋さんで文庫本を買うよりも勉強になる。

「下には下が居る」という意味の。
スポンサーサイト

©ねこ_2018.(RSS/管理/提供: AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。