チラシ裏のブログ

カネ用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゼクシィ】結婚費用の相場

オリジナルウエディング・ネット からのコピペ
http://www.original-wedding.net/save/s_wedding_price.html

「ゼクシィ結婚トレンド調査2005年」によると婚約から結婚式・披露宴、新婚旅行まで全て合わせて、結婚費用は全国平均で前年よりも5万円増加し382万円も掛かっているそうです。

結婚費用の内訳は挙式・披露宴・披露パーティ費用は293万円。結婚式招待客一人当たりの全国平均額は4万円(前年比4千円増)。
親・親族から結婚資金の援助があった人は72%で平均136万円です。仲人を立てた人はわずか3%。結納を行った人は37%、両家の顔合わせのみを行った人は56%だそうです。

結婚費用(挙式・披露宴・披露パーティ)は地域によって格差があり、最高は福島の460.4万円、次いで北関東の433.9万円、青森・秋田・岩手430.6万円、最低は北海道の233.4万円です。東北・北陸・甲信越・北関東・四国地域などで400万円超、東海・中国・九州は400万円弱と、結婚費用は東高西低の傾向にあるようです。

首都圏における結婚費用は前回よりも9.4万円増加の381万円で全国15地域中13位。
関西の結婚費用は349万円で全国15地域中14位でした。

ローンするのにもゆとり【返済計画】

 ゆとり返済は欠陥制度
 http://www.tomatohome.jp/pub/yutoik/yutori.html

 住宅の購入者に対して最初の五年問は元利支払金額を低く設定し、六年目から元利払金額が飛躍的に上がるというのが、ゆとりローンである。ローン返済初期の支払いが楽だからというわけで、ゆとりローンと名付けられた。この制度を「ゆとり」として成立させた前提は、住宅購入者の所得が将来にわたって上がるということである。したがって、住宅購入後五年もたてば、所得の上昇によって多くなった元利払いも余裕をもって行なえるに違いないということである。




 返済金利5年間凍結へ 米、サブプライム救済策
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000056-san-int

 サブプライムローンは、固定の低金利期間が終了後、変動金利に転換し、金利が大幅に引き上げられる仕組みが大半。金利上昇で返済に行き詰まり、持ち家が差し押さえとなるケースが急増。


あなたが「成功」出来ない10の理由【コピペ】

あなたが「成功」できない10の理由
http://lifehacking.jp/2007/11/10-reasons-for-failure/

1.明確なゴールがない

2.ビジョンがない

3.プランがない

4.確信がありすぎる

5.確信がなさすぎる

6.失敗から学んでいない

7.周囲の影響・助力を拒否している

8.出し惜しみしている

9.リソース不足

10.成功を恐れている

【給料】サラリーマンの平均給料

サラリーマンの平均給与(国税庁:民間給与実態調査2006年)

 国税庁の発表によると、2006年のサラリーマンの平均年収は434万9000円である。その内、年収300万円以下の人が1741万人もいます。何と3人に一人が300万円以下という計算である。年収1000万円以上の人は224万人いるという。年収300万円以下と1000万円以上の人を除くと、平均年収は477万円になります。(サラリーマンの総数4485万人)                          
 2005年12月31日現在の給与所得者数→5304万人
 平均給与男性538万円 女性273万円 平均437万円
 男性300~400万円→494万人(17.8%)
 女性100~200万円→449万人(26%)

 年収800万円超→444万人(9.9%)

メキシコ人漁師とビジネスマンのお話

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」

と尋ねた。 すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。

そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」


©ねこ_2017.(RSS/管理/提供:AL2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。